介護福祉士の専門性とは?

先日、あるさんと話していた際に、福祉士という資格について考えさせられる事がありました。

一緒に働く看護師、等は養成学校で決められたカリキュラムを勉強し、実習に行き、国家試験に臨んで合格して資格を持ってから現場で働きます。

一方の介護福祉士は、養成校を卒業して介護福祉士を取得してから現場で働く人と、現場で働きはじめ、3年以上働いて介護福祉士を取得するという2つのルートがあります。

現場では、通所介護、短期入所生活介護、特養等様々な役割の現場があり、質もまちまちです。

看護師、理学療法士が学校で必ずカリキュラム通りに学んできていると、看護師、理学療法士は知識や技能として持ち合わせているレベルはある程度みなさん共通しているという事。

介護福祉士のように学校で出た方、様々な現場を経て介護福祉士になった方が混在する介護福祉士は国家試験の内容は統一していますが、実際現場で活かす知識とスキルにばらつきがあります。

どちらが良いとか悪いとかではなく、介護福祉士が思う「看護師であればできる事」「看護師に聴けばわかる事」はほぼ間違わないのと同じように、看護師が思う「介護福祉士だからできる事」「介護福祉士に聴けばわかる事」が曖昧な部分がでてしまうというのは、連携してご利用者のケアをする上では避けたい部分ですよね。

今年度下半期から当会で役職の定義づけと役職別研修を実施するようになります。

その中で、当会として介護福祉士の専門性についても皆さんでしっかり揃えていきたいと思いました。

介護福祉士の専門性とは?


【ぬくもりの園は介護事業を展開しています】
介護が必要になっても個人のと意思を何より一番大切に、生活の質()向上に向けて、喜び・笑顔のある日々をサポートします。

在宅の介護サービス・グループホーム・働きたい方へ(総合ホームページ)
社会福祉法人嘉祥会ぬくもりの園
https://kashokai.com/

24時間見守りのある安心のシニア向け住宅(サ高住)
サービス付き高齢者向け住宅「清住の杜

■ こちらの記事もあわせてご覧ください。

The following two tabs change content below.
アバター画像

彌 一勲

特別養護老人ホーム、訪問介護にて施設・在宅ケアに関わってきました。 ご縁があって出会った“人”の人生、生活に向き合い、専門職として関わることを大切にしています。介護が必要になってあきらめかけた自分らしい生活を介護士が黒子(きっかけ)となって叶う瞬間、ワクワクしている表情を見られる時にやりがいを感じます。 認知症になっても住み続けられるまちづくりを医療介護従事者、地域住民の方々と一緒に考え、行っています。