職員研修「認知症についての理解をアップデートせよ」

職員研修「認知症についての理解をアップデートせよ」を今回もリモートで行いました。

デイサービス相談員が講師となり行いました。

「認知症」の人、ととらえるか、認知症の「人」ととらえるか

は、その方個人の人格より、認知症だからをクローズアップしていないか
と考えさせられました。

私たちもふだんどこかに出かけたとき「帰りたいなー」と当たり前に口にして歩いていても誰も何も思わない。むしろ疲れたり、何か思うことがあったら当たり前の言動だったり、行動なのに、認知症の方だと、帰宅願望、徘徊と言われてしまう

等々、再度この仕事をしているからこそ、認知症と言うだけで特別な見方をしているのではないかな?
と勉強になりました。

また、一緒に働いている職員が講師でしたので、ふだんからこういうことを気にかけているんだなーと思いました。

今回のリモートは、各事業所だけでなく、自宅からのリモート参加にもチャレンジしました。

これから、このリモートが当たり前に出来てきたら、夜勤明けや休日の職員も研修や会議に参加しやすくなりますね

職員研修「認知症についての理解をアップデートせよ」


【ぬくもりの園は介護事業を展開しています】
介護が必要になっても個人の尊厳と意思を何より一番大切に、生活の質()向上に向けて、喜び・笑顔のある日々をサポートします。

在宅の介護サービス・グループホーム・働きたい方へ(総合ホームページ)
社会福祉法人嘉祥会ぬくもりの園

24時間見守りのある安心のシニア向け住宅(サ高住)
清住の杜町田

■ こちらの記事もあわせてご覧ください。