竃(かまど)でご飯を炊いて

年末に行ったお餅つきで使っていた竃(かまど)を見て、昔は皆様経験されていたのではないかという思いつきにより、今回初めて竃(かまど)でご飯を炊いてみました。

職員は全員未経験だった為、事前に炊き方や注意事項など調べてみましたが、うまく炊けるのだろうか・・・と心配していました。

ところがやはりご利用者の方々はベテランでした。

お米の量に対しての水加減や、火力など職員にレクチャーしつつ、慣れた手つきで進めて下さっていました。

結果はというと、お米本来の味が際立ったとても美味しいご飯が炊き上がりました!ご利用者皆様も「美味しいね」ととても嬉しそうな表情が見られていました。

今回の経験で職員も少しは?炊き方が分かったので、今後は定期的に行えればと思いました。

竃(かまど)でご飯を炊いて

■ こちらの記事もあわせてご覧ください。

The following two tabs change content below.
彌 一勲

彌 一勲

アルファ医療福祉専門学校卒業後、社会福祉法人悠々会特別養護老人ホーム悠々園の現場スタッフで2年間・現場チーフで3年間高齢者の介護業務にあたる。2014年社会福祉法人嘉祥会ぬくもりの園へ転職。施設長補佐として従事。ご利用者の役に立てる為に何ができるかを考え、心に寄り添ったケアを実践します。
彌 一勲

最新記事 by 彌 一勲 (全て見る)