食の楽しみ あえて手間をかけ、皆さんに関わっていただく

日常的に使う文明の利器なくしては暮らせません。
普段料理を作る時にはガスコンロのスイッチを入れて1,2秒で火をつけ、材料を煮たり炒めたりしますよね。

ご飯を炊くときも米を研いで炊飯器にセットしスイッチひとつ!
私が生まれた時にはこの世に存在していたものたちですが、過去、そのような便利な料理器具なく調理していた日常がありました。

デイサービスにて竈(かまど)でご飯を炊こう!と始めてから定期的にかまどを有効活用しています。

竈(かまど)でご飯を炊いてhttps://kashokai.com/blog/archives/14382

経験者のご利用者がいて、火おこし、かまどでご飯を炊く事のレクチャーしていただいています。

先日デイサービスに顔を出したら中庭で薪を割っていました。

食の楽しみ あえて手間をかけ、皆さんに関わっていただく

担当スタッフに話しを聴くと「薪をはじめて割る方もいるのですが、昔割っていたという方がいたので、皆さんでやってみよう!となりました」と、かまどで使う薪から皆さんで用意していました。
そして数日後、今回は手作りうどんと、そのスープをかまどで作ったということでした!
手間かけすぎだな(笑)と私は思ったのですが、皆さんご自分で最初から最後まで携わった料理ということもあるからか「おいしい!」とよく召し上がっていたようです。

文明の利器を使って料理を提供してもらうこともいいですし、時には皆さんで力を合わせ、手間をかけて「食べたいもの」を作って食べるのも良いですよね。

手間をかけるからおいしい!という事よりも、手間をかける工程に皆さんが関わることで、できあがるその食事への関心が高まったように感じました。

また、自分で作るという行為も、一生懸命調理しておいしそうな匂いがしてくると、食欲と期待感が高まります。
魚を釣って家にもって帰える時に、何の料理にして食べようかなと考え帰宅し、自分で捌いて食べる魚っておいしいし、自分で育てた野菜を食べるのもおいしいし、特別感があります。
あの感じに少し似ているかもしれませんね。

同じことをするにしても、そういう感情、満足感って大事だよなと実感しました。


【ぬくもりの園は介護事業を展開しています】
介護が必要になっても個人の尊厳と意思を何より一番大切に、生活の質(QOL)向上に向けて、喜び・笑顔のある日々をサポートします。

在宅の介護サービス・グループホーム・働きたい方へ(総合ホームページ)
社会福祉法人嘉祥会ぬくもりの園

24時間見守りのある安心のシニア向け住宅(サ高住)
清住の杜町田

■ こちらの記事もあわせてご覧ください。

The following two tabs change content below.
彌 一勲

彌 一勲

人生を自分らしく生き切るためのパートナーでありたい。 QOLの向上を支援している福祉の仕事をしている人自身が人生を豊かに、楽しめる社会にしたい。
彌 一勲

最新記事 by 彌 一勲 (全て見る)