仲間がいる。戻る場所がある

入院していた清住も杜町田のご入居者に一月ぶりにお会いした。
転倒し骨折したことによる入院だった。

買い物・外出と杖をつかず、お一人で行く方だったが、杖を片手持ち「どこにも一人で行けなくなったから困った」
とお話されていた。

しかし趣味の裁縫や楽器演奏は部屋でつづけているようで、入院前の生活に徐々に戻っているようだった。

その方は清住の杜町田に入居前は独居で暮らしており、一度入居されて「元気になったから」と退居したが自宅で
転倒し、骨折後に「また戻ってきたわよ」と再度入居していただいた経緯があった。

今回も退院に向けてのリハビリはかなりきつかった様子。

そんな中リハビリを頑張れたのは清住の杜町田で、みんなが待っているということだったと仰いました。

「(リハビリが)痛くてしょうがなかったけど、みんなが待っていると思ったし、早く帰りたかったから頑張って予定より
早く出てきたわよ」

サ高住のご入居者間の距離感というのは、サ高住を開設して実際暮らしていただいて私自身はじめて知ることができた。

各自に部屋があり、自分の生活がある。サロンや食堂など共有スペースで人と交流がある。同居人という感じでもなく、ご近所さんより近い感じでもある。

パーソナルな空間と地域でのご近所づきあいがとても身近にあると言ったイメージ。

仲間がいて、清住の杜町田が戻る場所という気持ちでリハビリが頑張れたというのは、とても嬉しかった。

このような、『住まい』を創り、ご入居者に満足していただけることがこの仕事のやりがいだと個人的には感じている。

仲間がいる。戻る場所がある

■ こちらの記事もあわせてご覧ください。

The following two tabs change content below.
彌 一勲

彌 一勲

アルファ医療福祉専門学校卒業後、社会福祉法人悠々会特別養護老人ホーム悠々園の現場スタッフで2年間・現場チーフで3年間高齢者の介護業務にあたる。2014年社会福祉法人嘉祥会ぬくもりの園へ転職。施設長補佐として従事。ご利用者の役に立てる為に何ができるかを考え、心に寄り添ったケアを実践します。
彌 一勲

最新記事 by 彌 一勲 (全て見る)