当事者が実際に困っている状況に出会って、いろんなことが動き出した

小山田桜台の商店街に「介護ステーション」という店舗にて介護相談や月に一回折り紙教室をしています。
その介護ステーションに先日、二人の女性が来店されました。

当事者が実際に困っている状況に出会って、いろんなことが動き出した

相談内容は「この方、家がわからなくなったみたいなんです」ということでした。
困っている方に家やお名前などをうかがうも、家の場所がわからず、ご自分の名前も「山◯?山●」と聞く度に変わり、電話番号もわかりません。
結局は高齢者支援センターにつながり、利用しているデイサービスがわかり、その後はご自宅に戻られたようです。

後日、介護ステーションに相談に来られた方が「あの迷っていた人どうされましたか?」と心配して訪ねてきてくれました。

経過を報告すると安心した様子でした。話しを続けると「桜台もね、これからああいう人が増えると思うんです。なので、これからもそういった迷っている人がいたりとか、困ったことがあったら連絡とれるように」と連絡先を交換しました。
 
後日、家がわからなくなった方の担当のケアマネジャーとご家族がわざわざ介護ステーションにお越しになりました。
「先日はすいません」とご家族。
それでもこれからもひょっとしたら、同じようなことがあるかもしれないのでと顔合わせに来てくださいました。

「認知症になっても不安なく外出できる町づくり」は、こうやって実際当事者の方が困っているところを、色々な人が協力しあって、見守っていこうみたいな一つのことから徐々に輪がひろがっていくんだなと実感しました。

■ こちらの記事もあわせてご覧ください。

The following two tabs change content below.
彌 一勲

彌 一勲

アルファ医療福祉専門学校卒業後、社会福祉法人悠々会特別養護老人ホーム悠々園の現場スタッフで2年間・現場チーフで3年間高齢者の介護業務にあたる。2014年社会福祉法人嘉祥会ぬくもりの園へ転職。施設長補佐として従事。ご利用者の役に立てる為に何ができるかを考え、心に寄り添ったケアを実践します。
彌 一勲

最新記事 by 彌 一勲 (全て見る)