地域の夏祭り

神社の御神輿担ぎに嘉祥会のスタッフも参加させていただきました。

何故お神輿が存在し、何故担ぐのか
は色々あるようなので、私も地域の神社にどんな歴史があってどんな目的のもと行われていているかわからないですが、とにかく「担ぎ手不足」とのことです。

地域の夏祭り

やはり高齢化ということなのでしょうか。それとも神社側の理由、または中心に動いているいる方々の呼びかけが氏子限定等の理由もあるかもしれません。

担ぎ棒が御神輿の前方、後方、左右合わせて8箇所ありましたが、嘉祥会スタッフ2名合わせても1箇所1名で出発しました。やはりみなさん60歳を越えている方が多く、これは担いで町内一周は難しいです。

なので、リアカーを使い、道中は御神輿を運びました。これも時代に合わせてでいいと思います。当日の御神輿の担ぎ手の数、そして暑さを考えたら仕方のないことです。

御神輿と一緒に動いてくれるお囃子は立派で、一緒に御神輿と行動してくれる子供達も結構いました。ただ担ぎ手が少ない。

そんな中、嘉祥会にも御神輿が寄ってくださいました。グループホーム、デイサービス、ショートステイのご利用者も祭りの雰囲気を感じ、ひょっとこと写真をとったりし、笑顔が多く見られました。

地域の夏祭り

「よし、ももうか(神輿を上下にゆする)」としても、なかなか大変でした。
夏祭りでみなさんが集まり、御神輿が移動中も顔を出してくれる地域の方々がいました。お祭りがあったからこそ「顔が見られた」「集まれた」と、できたことが一つでも二つでもあったなら良かったなと思います。

■ こちらの記事もあわせてご覧ください。

The following two tabs change content below.
彌 一勲

彌 一勲

アルファ医療福祉専門学校卒業後、社会福祉法人悠々会特別養護老人ホーム悠々園の現場スタッフで2年間・現場チーフで3年間高齢者の介護業務にあたる。2014年社会福祉法人嘉祥会ぬくもりの園へ転職。施設長補佐として従事。ご利用者の役に立てる為に何ができるかを考え、心に寄り添ったケアを実践します。
彌 一勲

最新記事 by 彌 一勲 (全て見る)