RUN伴町田2018 認知症の人と一緒に、誰もが暮らしやすい地域を創る

RUN伴とは http://runtomo.org/

“RUN伴は、認知症の人や家族、支援者、一般の人がリレーをしながら、
一つのタスキをつなぎゴールを目指すイベントです。”

RUN伴町田2018 認知症の人と一緒に、誰もが暮らしやすい地域を創る

”認知症の人と一緒に、誰もが暮らしやすい地域を創る
タスキをつなぐという「非日常な」体験・出会い・気づきから、認知症の人と一緒に誰もが暮らしやすい地域づくりを提案し、それぞれの「日常」が変わっていくことを目指しています。”

このようなコンセプトでその活動は全国に広まっています。

その中でRUN伴町田2018が9月23日に開催されました。

今年はぬくもりの園がゴール地点としてご指名いただきましたので、ゴールイベントの催しの準備をグループホーム、デイサービス、ショートステイのご利用者に手伝っていただきながら準備してきました。

RUN伴町田2018 認知症の人と一緒に、誰もが暮らしやすい地域を創る

ラン伴町田のイベントに向け花飾りの準備https://kashokai.com/blog/archives/12797

師匠が口にしてずっと私の心に残り行動のエネルギー源になっている言葉があります。「すべての高齢者が社会の中で役割をもっている。役割をもって『ありがとう』と言ってもらえる生活を支援したい」

ゴールイベントにもグループホームのご利用者に参加していただきました。小山田コースを担当してくださった実行委員の方がグループホームご入居者に向かってランナーや関係者の皆様を前にして「ありがとうございました」と言っていただき、会場の全員が拍手してくださいました。

RUN伴町田2018 認知症の人と一緒に、誰もが暮らしやすい地域を創る

グループホームのご入居者の方に”ラン伴 ゴール”という看板を作っていただいたのですが、個人的にも「ありがとうございました。準備本当に助かりました。おかげでこんなに素敵なイベントになりました」と声をかけると「これが役にたってよかったです」と満面の笑みで返答してくださいました。

私は震えました。

RUN伴町田2018 認知症の人と一緒に、誰もが暮らしやすい地域を創る

他のコースの様子もFacebookで知ることができ、Dカフェ等でお会いする認知症当事者の方も走られたようで、とても心があたたかくなりました。

また他のグループホームご入居者も参加され、その様子を職員と話してました。「90越えていて、とても前傾姿勢でしたが歩いて参加されました!」

RUN伴の大きなコンセプトも意識しながら行動し、また個人的に大きなやりがいと達成感も味わうことができました。

RUN伴町田2018 認知症の人と一緒に、誰もが暮らしやすい地域を創る

また地域の方がランナーを迎え入れる応援にきてくださったり、小学校のチアリーディングチームがダンスをしてくれたり、地域の塾の先生が音響を一から準備し、当日盛り上げてくださいました。他も高校生がボランティアで来てくれたり。

本当にRUN伴、実行委員、関係者、集まってくださった方、ご支援いただいた方に感謝。

RUN伴町田2018 認知症の人と一緒に、誰もが暮らしやすい地域を創る

■ こちらの記事もあわせてご覧ください。

The following two tabs change content below.
彌 一勲

彌 一勲

アルファ医療福祉専門学校卒業後、社会福祉法人悠々会特別養護老人ホーム悠々園の現場スタッフで2年間・現場チーフで3年間高齢者の介護業務にあたる。2014年社会福祉法人嘉祥会ぬくもりの園へ転職。施設長補佐として従事。ご利用者の役に立てる為に何ができるかを考え、心に寄り添ったケアを実践します。
彌 一勲

最新記事 by 彌 一勲 (全て見る)