グループホーム事業者番号:1373201167、共用型認知症対応型通所介護1393200264

グループホーム案内 

  • 入居金は一切ございません 
  • 安心の365日24時間の介護体制 
  • 余暇活動の充実 
  • 24時間の医療連携体制 
  • 認知症ケア専門士による専門的支援 
  • 専属の調理師による栄養とバランスを考えた食事の提供 

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)とは 

  • 認知症高齢者グループホームとは介護保険法制度の中で「地域密着型サービス」として位置付けられています。住み慣れた地域の中で、1ユニット5~9名の少人数で認知症高齢者が共に自立した生活を続けていけるよう支援します。また専門スタッフや医療との連携、地域住民との関わりのなかで落ち着いて、安心した生活を過ごして頂ける場としてサービスを提供します。 
  • グループホームの役割としては、自宅での生活が困難となった認知症高齢者を、家庭的な雰囲気の中で、専門スタッフの支援のもと、精神的安定をはかり認知症の進行を緩和させることを目的としています。また、その人らしい自立した生活及び生活の質の向上を支援します。ご家族の身体的・精神的な負担の軽減のサポートも行います。 
  • 介護サービス料金の9割を国・都道府県・市町村がそれぞれ公費で負担するため、1割の利用者負担で利用できます。(利用料は認定された要介護度などで違います) 

ゆったりと、いっしょに、楽しく、安心した生活 

豊かな自然環境の中で、ご利用者一人ひとりが、その人らしく充実した日々を過ごしていただいています。 また、少人数による共同生活の中、利用者本位の生活を提供しています。

ゆったりと、いっしょに、楽しく、安心した生活
ゆったりと、いっしょに、楽しく、安心した生活
ゆったりと、いっしょに、楽しく、安心した生活
  • 年間を通して、四季折々の季節の中、五感の刺激を大切にした生活を送っていただいています。 
  • 1日のスケジュールを設けず、その日のご利用者の体調や要望に応じて余暇活動をご提案しています。ご利用者の方がご自分のペースで生活しています。 
  • 炊事、洗濯、掃除など日常の場面においては、常にご利用者同士が主体となり協力して行います。一人ひとりが自分の役割を持って、人として尊厳ある生活を送ります。 
  • ご利用者の自立への気持ちを大切にし、介護スタッフは支援いたします。また医療と連携して心身機能の維持、回復、増進にも努めます。 
  • 食事は専属の調理職員を配置し、栄養とバランスを考えて、またご利用者の状態に応じて食形態を変更し対応しております。 
  • ご家族との連携により、ご利用者の精神的な安定をはかります。ご家族との面会、外出、外泊は原則自由です。ご家族との団らんを楽しめるよう、要望に応じて談話室を提供いたします。 
  • 買物、散歩、地域行事への参加など、住民の一員として地域とのつながりを大切にします。 
  • 自然豊かな環境にあり、天気の良い日には近隣の公園に散歩に出かけます。また車でのドライブ、図書館や博物館の利用など地域全体を生活のエリアとして、広がりのある日常生活を提供しております。 

食事作り 

グループホームでは、栄養士の献立を参考に、ご利用者のペースで調理スタッフと共に食事作りを行なっています。

食事作り
食事作り
食事作り

サービス内容 

  • 介護スタッフは365日、24時間体制です。 
  • 1ユニットのご利用者の定員は、5~9名で少人数での生活を基本としています。
  •  日中はご利用者3名に対し介護スタッフ1名、また夜間はご利用者9名に対し介護スタッフ1名の割合で利用者本位の生活を支援します。
  •  ご利用者一人ひとりのニーズに応じた個別ケアを提供します。
  •  充実した医療連携体制。
    • 内科医による2週間に1度の訪問診療 
    • 歯科医による1週間に1度の訪問診療
  • 出張美容(カット、パーマ、毛染め)で気軽におしゃれを楽しんでいただいています。

年間行事 

4月

お花見ツアー

忠生公園へ花見に行きました。咲き始めの桜でしたが、遊んでいる子供達もいて賑やかな中で楽しんでいただきました。

5月

鯉のぼりツアー

鶴見川に飾られる鯉のぼりを見学し、季節を感じていただきました。

家族会

グループホームの事業計画の説明や事故報告などの説明を行いました。

6月

紫陽花見物ツアー

麻溝公園や淵野辺公園に行き、色とりどりのあじさいを見て楽しんでいただきました。

7月

七夕まつり

七夕飾りを作り、願い事を書いた短冊を笹に飾って楽しんでいただきました。

8月

大夏まつり

ご家族も一緒に射的や輪投げなどを行ない、縁日の雰囲気を味わい楽しんでいただきました。

9月

敬老祝賀会

日本料理店さ蔵にて、季節の御馳走をいただき、米寿の挨拶やプレゼントで敬老の日をお祝いしました。

10月

大運動会

1階・2階の方が混じり、赤チーム・青チームに分かれました。玉入れやパン食い競争など競技を行いました。皆様熱中され、接戦となりました。

バーベキュー大会

小山内裏公園にてバーベキューを行いました。焼きたてのお肉や野菜、焼きそばやフランクフルトと普段とは違う食事を召し上がり、公園内の散策も楽しみました。また、2名のご家族に参加していただきました。

町田市グループホーム入居者作品展示会

11・12日に町田市立国際版画美術館にて、1年間で作成した作品を展示しました。ご入居者と見学に行き、他のグループホームの作品も鑑賞しました。

11月

紅葉狩りツアー

生田緑地へ紅葉狩りに出掛けました。森林や広場の間を散策し、色付き始めた紅葉をゆっくり眺めました。また、緑地内のカフェで昼食をいただきました。

11月

さんま祭り

秋空の下、焼きたてのさんまを堪能しました。

12月

クリスマス会

恒例のクリスマス会。ボランティアの先生と一緒にクリスマスの歌を唄いました。また、職員によるヒゲダンスやビンゴゲームを行い、皆様で盛り上がり、賑やかな会となりました。また、9名のご家族に参加していただきました。

1月

初詣

矢部八幡宮へ初詣に出掛けました。一人ひとり願いを込めてお参りをし、おみくじを引きました。

2月

節分祭

3日、節分祭を行いました。鬼に見立てた紙人形に向かって「鬼は外、福は内!」と豆まきをしました。

町田市グループホーム活動報告会

14日に市役所の会議室を貸し切り、堺・忠生地区4施設が発表しました。ぬくもりの園は「グループホームで生活すること」について発表しました。35名ほどの関係者や一般の方が集まりました。

3月

ひな祭り

3日、ひな祭り会を行ないました。ひな祭りの唄を歌い、おやつには、ひなあられと甘酒で乾杯しました。

グループホーム第三者評価(外部評価)について 

社会福祉法人 嘉祥会 ぬくもりの園は(財)東京都高齢者研究・福祉振興財団が実施する福祉サービス第三者評価を受け、結果の公表に同意しております。

福祉サービス第三者評価の概要につきましては、とうきょう福祉ナビゲーションの「 福祉サービス第三者評価とは」をご参照下さい。

※とうきょう福祉ナビゲーションに掲載されているぬくもりの園事業所詳細情報
 

2015年度評価

 

評価機関名
公益財団法人東京都福祉保健財団
評価実施期間
2015年9月15日~2016年1月21日