訪問介護・ヘルパーステーション

ヘルパーステーション事業者番号:1373202736(訪問介護)

ヘルパーステーション・訪問介護とは

 

介護の資格を要するヘルパーがご利用者宅に訪問し自立支援にむけての調理や掃除、買物等の『生活支援』や入浴介助や排泄介助等の『身体介護』を支援するサービスです。

 

ご利用対象者:総合事業対象者、要支援1,2、要介護1,2,3,4,5

ぬくもりの園が訪問介護をする上での基本理念 

ご縁をいただいた方に誠意をもって接します。
家で暮らしていく為に絶対に必要なサービスだと位置づけています。
一日に私達ヘルパーしか顔を合わせない方もいる為、私達が笑顔や安心をお届け致します。
心穏やかな気持ちの良い時間を共有します。

ヘルパーステーションぬくもりの園として訪問介護をご利用いただく際に是非御一読いただきたい点が以下①〜③になります。

ご自宅にヘルパーが訪問し生活上必要な自立支援のお手伝いをさせていただきます。

ご本人の生活上解決したい課題(ニーズ)を解決する為にケアマネジャーがケアプラン(計画)を立てる所から介護サービスはスタートします。
総合事業対象の方から要支援1,2要介護1,2,3,4,5の方であればケアマネジャーにケアプランの作成をお願いする事ができます。
 
例として要支援2,お一人暮らしの女性Nさん
「最近足腰が痛くてかがめないから掃除機かけと床の水拭きをお願いしたいわ」というニーズをお持ちの方だとしましょう。
 
ケアマネジャーがご本人とお話しし、上記のニーズを把握した上でケアプランを作成します。
Nさんのお困り事である「足腰が痛くてかがんで掃除ができない」という事に対して内容を考慮しケアマネジャーが週に一回、ぬくもりの園のヘルパーが10時〜11時に生活支援で来ますという内容がケアプランに載って初めて私達ヘルパーの出番です。
このような流れを経て、支援が必要な方のご自宅へ訪問させていただく事になります。

 

②ご自宅で暮らしていただく為の自立支援をモットーにしています

私達ヘルパーは介護のプロとしてケアプランの内容を遂行し、結果ご利用者の方のニーズが解決しQOL(生活の質)が向上する事を目的としています。
『介護のプロ』とは、介護保険の理念を理解した上でご本人主体のものの考え方と物事の些細な事に気づく『気づき』があり、コミュニケーション技術、介護技術を駆使し自立支援をさせていただくという事に集約されます。
簡単に言うと、上記①のNさんの例でいうと、週に一回掃除で伺い、部屋を綺麗にして終了というわけではなく、掃除の中でもテーブルを拭く動作、ハタキをかける動作等立ってできる事をNさんにも一緒に行っていただき、最終的に私達ヘルパーステーションぬくもりの園から卒業していただく事を目標として支援させていただいています。
 
しかし、お身体の不調があり毎回一緒にできるかわからないですよね。なので、自立支援を目的としていてもその日の体調や気持ちの変化などを考慮し、適切な支援、思いやりのある心で向き合わせていただきますので、ご安心ください。
 
できる範囲で一緒にゆっくり、会話しながら時間を共有させていただければ幸いです。

 

③介護保険内の中で出来る限りの支援をさせていただきます。

介護保険の中で訪問介護はいくつもの決まりがありその範囲内で支援をさせていただいております。
掃除や調理で訪問させていただいているご利用者の中には「家政婦さん」と我々を呼ぶ方もいらっしゃいますが、②で説明させていただいた通り、言われたら2つ返事で何でもできるという事ではありません。人と人との関係性を大切にしているので、おせっかいな言い方をすれば「何でもかんでもやってあげたい」という気持ちをヘルパーは持っています。
人の役に立ちたいからです。
 
しかし、ケアプランに明記されている内容以外の事をする事ができません。
これは法律で決まっている重要な事なのです。
 
お互いが共通の目標とルールを理解した上で訪問介護ぬくもりの園のヘルパーをご用命していただければ、今まで出来なくて悶々としていた30分〜1時間を笑顔の30分〜1時間に変える事ができます。

 

最後に

ヘルパーステーションぬくもりの園には20代〜70代のヘルパーが在籍しており、支援内容を考慮し適している人材を派遣します。
40歳前後の女性職員が多く在籍、男性スタッフもいる為に幅広いニーズにお応えする事ができます。
自費の訪問サービスも実施しており、長時間の外出付き添い、通院等にも対応致します。
 
ヘルパーステーションぬくもりの園は家での生活をつづけていく上でのよきパートナーとして末永くお付き合いさせていただけるよう努めます。
 
「あなたに出会えてよかった」と思っていただけるようにスタッフ一同誠心誠意、元気よくご自宅に訪問させていただきます。